「スプレッド」とはFX投資は通貨を売り買いして利ざやを狙う投資です。

買ったり売ったりの値は変化しています。

これがレートです。

テレビを見ていると、外貨の為替レートの情報が流れることがあります。

よく見るのが「本日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを提示しています。

言い換えると、取引には、買いと売りの両方の値段が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示しているFX業者も存在しています。

一般的に買値よりも売値が安価になるものです。

現実に買値は高く、売値は安くなるはずです。

その差分をスプレッドといい、FX取引会社の収入のひとつとされています。

スプレッドはFX会社によって変わります。

スプレッドの幅は投資家にとってコストになるので狭いFX会社をセレクトしたほうが得です。

ただし、同じ会社でも状況に応じてスプレッドの広さは変動します。

もしもいつもはドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドの幅であるとしても、為替の上下動が激しいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

そのため、スプレッド幅が狭いのと同様に変わらないのが必要です。

決まったスプレッドの狭さを表示するFX業者もあったりします。

現実にFX取引会社の取引画面の上で本当の為替レートを確かめなければ見分けられないのでやっかいですが、必要な事です。

貴重な財産を賭けて取引するのですからリアルな取引の前に、気になる会社の口座開設を全部してスプレッドの差を知っておきましょう。

同じ通貨でもその場面での市場の条件によって外貨のスプレッドは変わります。

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの幅が狭くこの他のペアではスプレッドの広さが広がる事が多いです。

Copyright © 2002 www.milleartis.com All Rights Reserved.